トイレつまりを直す方法

トイレのつまりの1番の原因は、トイレットペーパーの使い過ぎによるつまりです。実は、トイレットペーパーは細かい繊維の集まりの紙であり、水に対してほぐれやすいため流してもつまらないようにできているのです。しかし、いくら流れやすいと言っても大量に流せばつまる原因になります。また、小さい子どもがいる家庭でよくあることですが、おもちゃなどの異物を流してしまうこと。他にも、流せるペットの砂やお掃除シートも、本来は流してはいけないものですので注意しましょう。あと、節水アイデアとして水の流れを少なくする方法が紹介されますが、トイレの水量は流すのに必要な量がしっかり計算されているのでお勧めできません。

では、実際つまったときはどうすればよいのでしょうか。まずは、40℃くらいのぬるま湯を流してみる方法です。このとき、あまり温度が熱いと、便器は陶器でできているため割れてしまうことがあるので注意しましょう。お湯で紙をふかして流す方法なので、他のもののときは余計につまる可能性もあります。原因がトイレットペーパーのときだけにしてください。よく利用されるのがラバーカップ。実は、和式用と洋式用があり、ゴムの先端部に出っ張りがないのが和式用で、出っ張りがあるのが洋式用です。使用するときは感電の恐れがあるのでシャワートイレなどのコンセントを抜き、雑菌からの感染症が怖いのでゴム手袋をしましょう。つまりが直ると原因とともに逆流が起こりますが、他にもつまっているものがあるかもしれませんので、すぐには流さないでください。

自分で直せる基準は、原因がトイレットペーパーのときだけです。また、便器の水がゆっくり流れる場合も軽症の可能性が高くなります。それ以外の原因がはっきりしない場合は、水道業者に任せることをお勧めします。自分で行って悪化する場合や便器を傷付けてしまう可能性もあるからです。では、業者に依頼するにはどうすればよいのでしょうか。