トイレのつまりを依頼

トイレは毎日使うものです。しかも、時間などを決めて使用するものではないため、常に使える状態でなくては困ります。
トイレがつまった。そして自分たちで直せそうもない。そんなときは、すぐにでも業者に依頼しましょう。水道修理業者の多くは24時間、365日受け付けているところも多くあります。逆に言えば、それだけ生活の中でも重要な位置を占めるということです。それでは、水道修理業者への依頼の方法をご紹介します。

まずは、インターネットなどで業者を探しましょう。このとき、悪質な詐欺業者もありますので、ホームページで住所や電話番号などをしっかり確認し、評判も前もって調べましょう。業者が決まったら電話をして症状を説明します。決まれば業者が来ますので、トイレに案内し状況を再度確認してください。修理が完了したら、症状の改善を確認し支払いの手続きをします。料金相場の目安は軽度の場合2,000円~10,000円程度、中度の場合15,000円~25,000円程度、重度の場合30,000円~70,000円程度になります

生活をする上で、ライフラインを欠かすことはできません。自分で修理できるものは限られてきます。日頃から業者を調べ、信頼できるところを何件かピックアップしておきましょう。そうすれば、いざという時も安心です。

トイレつまりを直す方法

トイレのつまりの1番の原因は、トイレットペーパーの使い過ぎによるつまりです。実は、トイレットペーパーは細かい繊維の集まりの紙であり、水に対してほぐれやすいため流してもつまらないようにできているのです。しかし、いくら流れやすいと言っても大量に流せばつまる原因になります。また、小さい子どもがいる家庭でよくあることですが、おもちゃなどの異物を流してしまうこと。他にも、流せるペットの砂やお掃除シートも、本来は流してはいけないものですので注意しましょう。あと、節水アイデアとして水の流れを少なくする方法が紹介されますが、トイレの水量は流すのに必要な量がしっかり計算されているのでお勧めできません。

では、実際つまったときはどうすればよいのでしょうか。まずは、40℃くらいのぬるま湯を流してみる方法です。このとき、あまり温度が熱いと、便器は陶器でできているため割れてしまうことがあるので注意しましょう。お湯で紙をふかして流す方法なので、他のもののときは余計につまる可能性もあります。原因がトイレットペーパーのときだけにしてください。よく利用されるのがラバーカップ。実は、和式用と洋式用があり、ゴムの先端部に出っ張りがないのが和式用で、出っ張りがあるのが洋式用です。使用するときは感電の恐れがあるのでシャワートイレなどのコンセントを抜き、雑菌からの感染症が怖いのでゴム手袋をしましょう。つまりが直ると原因とともに逆流が起こりますが、他にもつまっているものがあるかもしれませんので、すぐには流さないでください。

自分で直せる基準は、原因がトイレットペーパーのときだけです。また、便器の水がゆっくり流れる場合も軽症の可能性が高くなります。それ以外の原因がはっきりしない場合は、水道業者に任せることをお勧めします。自分で行って悪化する場合や便器を傷付けてしまう可能性もあるからです。では、業者に依頼するにはどうすればよいのでしょうか。

トイレのつまりどうする?

災害時、一番困るのがライフラインの崩壊です。電気が付かない、水が出ない、ガスが使えないなど日常生活もまともに過ごせなくなります。当然それぞれ困りますが電機は発電機で、ガスはカセットコンロなど代用品がありますが、上下水道はそれこそ配給などに依存するしか方法がありません。復旧の順番も東日本大震災の際で電気が約5日、水道が約10日、下水が約20日、ガスが約1か月掛かっています。もちろん、すべて困りますが衛生面からも上下水道は深刻な問題になります。実は、下水が使用できなくて困るのは災害時ばかりではありません。普通に生活を送っていても、使用できなくなることがあります。それは、どんな時なのでしょうか。

災害時、ライフラインがとまったとき、以外に困るのがトイレの問題だそうです。トイレの場合は災害時ではなくても、使用できなくなることがたまにあります。1番の原因は、異物がつまってしまうこと。今の水洗トイレの構造上仕方がないことでもあります。では、何が原因でつまるのでしょうか。

トイレのつまりには、前兆があります。便器の水の水位が高くなる。この場合、つまりが原因の場合がほとんどです。水を流した時にゴボゴボという音がする。この場合、下水管などでトラブルが起きていることが多いので注意が必要です。

使用した水は、下水管という細い管を流れます。当然、トイレットペーパーを多く流せばつまりますし、異物などを流すのは論外です。それでは、実際につまってしまったときはどうすればよいのか。また、業者に依頼する場合はどうすればよいのでしょうか。